綿箆雑記帳

日常で思ったことの雑記、メンヘラとオタク考察、書評、創作

雑記 さよならはハードモード

 挨拶が苦手だ。

 特に、別れ際の挨拶が苦手だ。

 相手を違和感を与えることなく、さよならをこなすのは、僕にとってなかなか難しい。

 

 友達と二人で帰るとき、別れる交差点が近づくとソワソワする。

 どのタイミングで「お疲れ様」と言おう。

 いつから相手の顔を見て、どんな表情で別れを告げればいいんだろう。

 やっぱり相手が進路を変更してからがいいだろうか、それとも先手をとって声をかけたほうがよいだろうか。

 その時が近づくほど僕は緊張する。

 一瞬の大仕事に取り掛かるのだ。

 相手と会話しつつも、言葉は頭を素通りしていく。

 身体全体が交感神経支配に傾いていく。

 コンビニを過ぎて、後10m。

 別れの挨拶の時が来る。

 7m、5m、3m……

 

「おつか……ぁ」

 

 なんてこった、相手が気を遣って遠回りしてくれた。

 あと交差点3つ分は一緒にいる時間がある。

 気を利かせてくれた向こうに対して、こっちはもう別れを告げる気マンマンだったのだ。

 もうなんて顔したらいいか、分からない。

 小声で「あっ、ありがと」なんて情けない声をあげて、出しかけた自転車のスピードを落とす。

 なんとも言えない空気感が二人の間についてまわる。

 

 結局、確実に友人と道を違えるところまで一緒に行く。

 途中なんとなく界隈をしながら時間を潰す。

 そして、別れる瞬間、何食わぬ顔をして「お疲れ様~」を発す。

 任務完了だ。

 ミスもあったが、最終的にそこそこ綺麗な締めを出来たのではないだろうか。またこの経験を次回に活かそう。

 なんて考えても、また次回は次回で、さよならを言うのに滅茶苦茶緊張するのだ。

 

 しかし、冷静に考えて、挨拶はコミュニケーションだ。自分よりは相手の為にするものだ。

 相手との関係を円滑にする為のものであって、

 自分が社会に適応する為の試練ではない。

 相手のことを自分より先に考えられるなら、上のような悩みを起こらないだろう。

 自分がどう思われるかに固執するから、無駄に緊張するのだ。

 

 

 挨拶は相手の為、忘れずにいたい。忘れずにね。