slowly

綿箆雑記帳

メンヘラ雑記。生きづらさ考察、創作、本、映画、音楽。

Watabera Miscellaneous Notes

さよなら、鈍い感受性

【二次創作】歌詞SS「羽虫と自販機」【KANA-BOON】

www.uta-net.com

 

「世界中に私たち二人だけだったらさ、いいと思わない?」


「え?」

 君の発言は、あまりにも突拍子もなかった。だから、僕は思わず聞き返した。

「だから……世界に私たちだけしかいなかったらいいのに、って」

「……」

 僕は黙っていた。タバコの燃え殻がベランダに落ちた。

「なんとか言ってよ。恥ずかしいじゃん」

「無理だよ」

「え?」
 
 今度は、君が聞き返した。

「世界に二人しかいなかったら生活していけないって。死んじゃうよ」

 僕は笑った。"笑う"ように笑った。

 

 タバコの火を手すりで消して、僕は室内に戻った。

「……」

 タバコを吸ってる訳でもないのに、君はなかなか部屋に戻ってこなかった。

 こんな風に、付き合ってる間、僕はいつだって素直になれなかった。

 




 ある日、僕はTSUTAYAで借りてきた映画を観ていた。

 画面のなかで、サミュエル・L・ジャクソンカート・ラッセルが馬車に乗り合わせていた。

 君が僕の顔を覗き込んできた。

「ねぇ、今度の週末って、バイトもライブも入ってない?」

「…………」

 カート・ラッセルが連れの女の顔を殴った。

「このまえ言ってたドーナツ屋さん、行きたいんだけど」

 

 サミュエル・L・ジャクソンがニヤついた。

「…………」

「ちょっと、ねぇ、聞いてるの?」

 君が僕の肩を掴んで揺らした。あぁ、画面が見づらいじゃないか。

「うるさい」

「え……」


「うるさいって言ってんだろ!!こっちは映画観てんだよ!!話しかけてくんな!!そんくらい分かれよ!!」

 君の瞳孔が一瞬縮んだ。そして、また一瞬で大きく広がった。

「……なによ、そんなに言わなくていいでしょ!!別にリモコンで一時停止だってできるのに!!どれだけ、私のこと無視するの!?」

「俺の金で俺が借りた映画を観てんだよ!!なんで邪魔されなきゃいけないんだ!!」

「なにそれ、信じられない!!有くんがそんな思いやりのない人だなんて、思わなかった!!もう知らない!!」

 君はテーブルのうえのリモコンを掴むと、僕めがけて投げつけてきた。超近距離で放たれたソレは、僕の右後頭部に激突した。普通に、すごく痛かった。

 そして、君はスラッシャーのリュックを掴んで部屋から出て行った。君があまりにも床を鳴らすから、あとで苦情くるかもしれない。なんて、僕はぼんやりと考えていた。

 いつまにか映画のシーンは変わっていて、カート・ラッセルが馬車から雪原に投げ出されていた。

 



 6畳の部屋で、君と僕は別れ話をしていた。

 君と別れるなんて想像もつかなかった。しかし同時に、いつかこの日が来るような気もしていた。

 あの頃、君はよく取り乱してたけど、この日はやけに冷静だった。だから、僕と淡々と君と会話した。

 あっという間に別れ話はまとまった。君は、ほっとしていたように見えた。僕は、あまりの呆気なさにショックを覚えた。というよりも、ショックを受けている自分を発見した。

 君が呟いた。

「喧嘩ばっかりだったね」

 喧嘩。その頃の僕は、もう、なにが喧嘩でなにが会話なのかも、分かっていなかった。日常のすべてが喧嘩だったような気もするし、逆にしばらく喧嘩らしい喧嘩をしていないような気もした。

「そうかな。最後に喧嘩したのっていつだった?」

「…………今」

 あぁ、そこまで僕らはすれ違っていたんだ。

 彼女は桃色のキャリーバッグに、この部屋で彼女を象徴するもの全てを入れて、永遠に出ていった。

 テーブルに置かれた合鍵を見つめていて気づいた。

 

 僕らは世界中に二人だけではなかったのだ。

 



 また君のことを考えていた。いつまで引きずるのか、自分でも嫌になる。

 君との思い出脳内テープをループさせて、正しい選択肢探しに耽ってしまう。今更なんの意味もないのに。あの時は正しい選択肢なんて考えもしなかったのに。

 いつの間にか、僕の世界を構成する骨組みが君の存在で出来ていた。僕の生活のすべてに、君は薄くも濃くも存在していた。別れて年月が経った今でもそれは変わらなかったし、変えられなかった。

 君のことは、もう忘れてしまいたい。過去のかけらにしがみついても意味がない、と分かっている。

 だけど、もし君のことを忘れたら、もう歌を歌えなくなる気がする

 

 君を忘れた僕の口から出たそれは、まるで歌のように聴こえる。けれど、本質的には全く歌ではなくて、僕という存在がまったく介入しない波でしかない。

 君を忘れたら、もう歌を歌えなくなる気がする。そんな気がする。

 だから、今日も君を歌おうと思う。

 

 君の実在が生活になくたって構わない。僕は今日も明日も、いつまでも、君を歌うのだ。

 

 微笑まない自販機の光に群がる羽虫のように、夜の帳が降りた生活のなかで僕は歌うのだ。

 

 

 

 

 

 今更言うのアレだけど、世界中に二人だけならばって、僕も思ってたんだよ。 
 
 
 

 

羽虫と自販機

羽虫と自販機

 

↓↓よければクリックお願いします↓↓
にほんブログ村
人気ブログランキング