slowly

ワタベラ雑記帳

メンヘラ雑記。生きづらさ考察、創作、本、映画、音楽。

Watabera Miscellaneous Notes

さよなら、鈍い感受性

『孤狼の血』はアダルトなムービーだった【感想】

 

孤狼の血

 

2018年/日本

監督:白石和彌

原作:柚月裕子

出演:役所広司松坂桃李真木よう子ピエール瀧江口洋介竹野内豊

 

 

 『孤狼の血』、白石和彌監督の最新作ということでワクワクで映画館に行きました。

 

 すごくよかったです。よかったから書いているですけど。なんと言っても演者汁が濃い。警察役もヤクザ役もみんな顔からなんか出てました。どうしたらあんな濃い演技になるんだろう。周りの人間に毎日あの濃さで過ごされたら胸焼けするレベルです。日本人俳優の極まった演技は必見でした。

 

あらすじ

f:id:watabera:20180519101147j:plain

 

 昭和63年、ヤクザ抗争の火種がくすぶる広島県呉原市の警察署に、広大出身のエリート日岡(松坂桃李)が赴任する。日岡はベテラン刑事の大上(役所広司)と組むことになった。しかし、大上は違法行為を平気で行い、ヤクザと癒着し賄賂まで貰う悪徳マル暴だった。呉原では、新規勢力の加古村組と地元の尾谷組との抗争が起ころうとしていた。それを抑えるため、合法違法問わずあらゆる手で働きかける大上と日岡。しかし、事態はどんどん悪い方向へ転がっていき……。

 

感想

 やっぱり役者さんの演技が抜群です。(以下も以上も個人名敬称略

 

大上役の役者の役所広司(分かりにくいな)

f:id:watabera:20180519101141j:plain

 

 

 演者汁の量が一番多い。

 

 この人が画面に出ている間(要はほぼずっと)、悪徳マル暴のイデアみたいな顔面と観客は闘わなくてはなりません。完全に負け戦です。繰り返されるド違法☆行為にも、やがて笑うしかなくなります。警察じゃけぇ、何をしてもえぇんじゃ、らしいので。

 

 ただ、無茶苦茶で自分勝手なだけか、というとそうでもなく。法とは全く別のルールに沿って大上は働いています。劇中で語られるその哲学は賛否分かれるところですが、妙な説得力があります。顔面の完成度のせいかも。

 

 良くも悪くも完全されたそのアダルトな姿がこの映画の屋台骨です。

 

松坂桃李

f:id:watabera:20180519101217j:plain

 

 個人的にこの映画で一番良かったのは松坂桃李です。松坂桃李演じる日岡は、元々無垢でピュアピュアなエリート青年です。純粋な青年が大上に振り回され、後半怒涛の展開のなかで男としての自分を確立していく、その一連の変化がイケメン俳優イメージをぶっ壊していきました。最初と最後で全然違う。お前その渋さはどこに隠してたんだよってぐらい渋くなります。

 

 特に印象的なのが劇中使われる広島弁です。序盤の日岡が使う広島弁は、広島弁のもつ強く荒いイメージと噛み合わず、ちぐはぐな感じを受けました。しかし、物語が進むにつれて広島弁がどんどん板につき、凄まじいかっこよさを誇るようになります。耳から入って脳のシワを全て埋めてくれます。

 

 ヤングな日岡のアダルトへの変貌がこの映画最大の見ものだと思います。

 

真木よう子

f:id:watabera:20180519101238j:plain

 

 えっちです。

 

阿部純子

f:id:watabera:20180519101340j:plain

 

 えっちです。

 

江口洋介

f:id:watabera:20180519101358j:plain

 

 えっちです。いや別に江口洋介がえっちなことをする映画ではないです。

 

 江口洋介は地元の暴力団尾谷組の若頭、一之瀬役です。スーツのビチバチに着こなす姿はもはやこの世のものとは思えないエロさ。もしフェロモンに色がついていたら、画面がピンクに曇って映画として成立しなかったでしょう。オタクが理想の美少女を創造するのに対し、白石監督は美しいほどかっこいいヤクザを創造したみたいです。

 

 えっちです。

 

若い俳優さんたち

f:id:watabera:20180519101425j:plain

 

 他の俳優さんたちも皆さんに真に迫った演技です。ベテランの俳優陣の方々は勿論のこと、若い俳優さんの下っ端暴力団員の役も素晴らしいです。本当にキレて殴りかかったり、本当に組のために死のうとしていたりするようにしか見えません。人はクスリをキメてなくてもあんな表情ができるのだと感動しました。

 

 (追記:画像の俳優さんは中村倫也さんという方だそうです。すごくかっこいい!)

 

まとめ

f:id:watabera:20180519101615j:plain

 

 孤狼の血はアダルトな男たちの映画です。ビジュアルはどう見ても男向けですが、男性俳優陣があまりにかっこいいところを鑑みると女性にも勧められると思います。特に江口洋介と後半の松坂桃李にはどハマりしてしまう人もいるのではないでしょうか。尤も、観るのに結構なバイオレンス耐性が必要ですが……。

 

 女性にオススメだからといって、男性陣がこのアダルト映画にガッカリすることはありません。ちゃんと手錠を使ったえっちなシーンもあります。お楽しみに。

 

 孤狼の血、俳優さん方の濃い演技がこれでもかと詰まった作品です。まだ観てない方、役所広司松坂桃李から滲み出る演者汁に溺れましょう。

 

 

 

watabera.hatenablog.com