綿箆雑記帳

日常で思ったことの雑記、メンヘラとオタク考察、書評、創作

雑記 感情ルール

 最近、幾つか成功体験があった。

 兼ねてからの目標を達成することができた。

 数年越しの念願も叶った。 

 

 メンヘラ.jpに記事を載せていただいたのも、その一つだ。

 さすがに数年越しの願いではないが、それでも時間をかけて自分なりに文を書いた。

 結果、思っていたよりも多くの人に読んでもらえて、嬉しかった。なかには、リプやDMで、共感したと感想を送ってくださる方もいた。

 まとまりない自分の文章でも、読み物として誰かの心を動かせたと思うと、幸せだ。

 

 ……

 …………と思うはずなのに、

 意外と自分自身の心が動かなくて、それにガッカリしてしまった。

 

 滲みるような幸福感はある。

 しかし、「もっと喜ばなきゃいけないはずだ」という考えが、それを超えて強く主張してくる。

 「喜ぶべき状況で喜べないダメな自分」という認識が、少しずつ膨らんでいく。

 

 昔、高校の学祭でも似たようなことがあった。

 「あんなに努力したから、この瞬間もっと俺は感動してなきゃダメなんだ」

 クライマックスで泣けなかった自分に、失望していた。

 事実に感情が追い付かないことが、凄くもったいないと思えて、悲しかった。

 そして、今もそうだ。

 

 いったい何に強迫されているのだろう?

 自分から自由になりたい。